ブログトップ

風がみえる、、、。

shirokuro4.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

シンプルなラインから…

e0213066_20334477.jpg

主枝の足元に、サイズ、方向性など
独自の存在感を持ちながらも脇役としての
役割を果たしている福枝。

枝のラインで囲まれた「かっこいい空間」が
見えませんか!!!

左方の空間へのひろがりが感じられ
見えないはずの空間の躍動感が
心まで響いてくるようです。

植物の成長などコントロールできません。
いいとこどりも出来ません。

絶妙の間の表現につきますが、
タイミングを見過ごさない事も…

本質を見抜く眼力が必要になりますが
特別な才能などなくていいのです。

観察を、し続けることで力の
持たない「空間」が見えてきます。





風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2010-10-29 20:32 | 園芸・植物

「空間」を見せるために…

ドイツト―ヒ 凛々しく !!!
e0213066_13105931.jpg

窓枠を額縁に一枚の絵として…
それぞれの感性で立ち位置をずらしたり
季節の変化も加わる事で
無限の絵が出来るって、すごーい!!!

我々を心の奥深く、引きずりこむ
自然に脱帽です。
e0213066_12411458.jpg

1本の樹を植えただけでは
自然を感じることはできません。

樹も左右対称の作りこまれた形、
人が手を加えた「作り物」の要素を
強いままにしておいては ただの樹でしかないのです。

自然材料を使っているのに自然が
見えないのはそれなりに訳があるし、
計算が必要なのです。

計算といっても人に悟られない事が前提、
自然表現のおもしろさです。


e0213066_12432092.jpg

中庭の植栽では生命力が空に向かってる
針葉樹はむいているようです。

距離をおいて眺めるだけでなく
時間があるときは足元の小さな植物との
ふれあいをもっていただきたくて園路を
しつらえてあります。

自然表現は目でみえる「物」だけでなく
見えない「空間」の部分をかっこよく

作りだす事で全体がひとつの風景として
見えてくるようになるのです。





風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2010-10-28 14:14 | 自然風庭園

たくましい生命力の中にも、さりげなさが…

草物だけの組み合わせですが…
e0213066_22203892.jpg

きれいな花が主役にいなくても、
それぞれの植物の個性だけでも充分
輝いている姿がみてとれます。

お互いの特性を邪魔しない、
それぞれが生き生きとした晴れ舞台…

「美の表現」は物が持っている力をそぎ落とす事で、
全体をひとつの風景としてみせることになります。

つまり、足し算から引き算へ…
偶数から割り切れない、奇数を表現していきます。





風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2010-10-22 22:19 | 園芸・植物

植物のやさしさ、風の心地よさを…

猛暑で植物にとって過酷な環境の中でも
適度の雨があればのりきれるのですが…!!!
e0213066_10542130.jpg

眺める樹木の葉色はやさしさとさわやかさを
イメージさせてくれています。
e0213066_10574366.jpg


花の好きな方はたくさん出会い、うれしい限りですが
我々、庭づくりを目指すものとして
もっと樹木の良さをアピールしていかなければ
庭から樹木が消えてしまいそうです。
e0213066_11162754.jpg

低木、中木が背景になってくれているために
足元では花が主役になれるのです。

建物を含めた、全体の景色を構成するためには
樹木の役割はかかせません。

ひとつひとつの物の存在感を見せつけないで
全体をひとつとして見せるためには、物の本質を見極める眼力… 
永遠の課題です。





風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2010-10-21 11:57 | 自然風庭園

ごあいさつを…

e0213066_1546323.jpg


植物が好きで、
植物にかかわり続けられる仕事をしたくて…
気がついたら、この世界に入っていました。

「ものづくり」の職人の道は深く、きびしいけど
夢と希望を持ち続けられる道でもあります。

植物と自然体で暮せるための「庭づくり」の
ヒントになれればとブログを始めました。



自然界で植物と共に生かされている事の
  認識の内にある本質を外さない為に、
  植物からのメッセージを発信していきたい…と。

細く、ながーく
気長にお付き合いください。






風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2010-10-19 16:31 | 御挨拶