ブログトップ

風がみえる、、、。

shirokuro4.exblog.jp

カテゴリ:園芸・植物( 14 )

つるバラの蕾が・・・

今春一番のりの蕾、発見!!!
e0213066_2211521.jpg

狭い花壇に、つるバラだけでも50本ほど・・・
遅いけど、剪定、誘引、施肥がやっと完了~

今年、一番早く出る蕾を見つけよう~と。
梅雨の様な天気の今日、ついに発見!!!

一番乗りは、ピンク・クラウド(Pink・Cloud)
さあ、これからの展開が楽しみだなぁ・・♪♪



風路造景のHP
[PR]
by shirokuro725 | 2015-04-05 22:27 | 園芸・植物

サフランの季節が…

自然のサイクルに、驚嘆!!!
e0213066_22103384.jpg

厳しい冬の訪れを前にして
葉を落とし、準備を始める落葉樹

この時期には、咲く花が少ない為…
サフランの花を見つける度、感動!!!

何の手入れもして貰ってないのに
毎年、きちんと花を咲かせてくれる

メシベもしっかり収穫出来た事だし
今年のクリスマスはパエリアで…




風路造景のHPへ 
[PR]
by shirokuro725 | 2012-11-21 22:55 | 園芸・植物

タフな長命種、の多肉植物!!!

我が家の過酷な、栽培環境下で…
e0213066_17264814.jpg

生育状況が違う多肉植物の、タイプは
幾つかあって、管理方法も違うらしい…

性質が違う種類を、同じような管理では
毎年、枯れてなくなる種類もかなりある。

いつも、勝手気ままな水やりでかなぁ~ と。
生き残っているのは、タフでたくましい…

辛抱に耐えうる忍耐強い、タイプだけが
我が家では、唯一生き残れているのかも…

今年の、過酷な環境に耐えた寄せ植え
イキイキとした表情に敬服しています。



風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2012-11-06 18:08 | 園芸・植物

初秋の静かな訪れ、七草のひとつで…

地味な花の持つ魅力、秋にこそ!!!
e0213066_12181272.jpg

日本各地の河原で見かけた植物だが
環境の変化で、今や絶滅危惧種に…

にも拘らず、危機感がないのは
この季節、どこかで見かけられている。

本種ではなく、品種改良によって
作り出された様々な交雑種なのだが…

植物の世界も、生き難い環境では
人の手を借りてしか、生き続けられない

果てしなく続ける変化を、進化として…
本来の風情を捨ててまで、受け入れるのだろうなぁ

それしか、生き残る術が無いのだから!!!




風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2012-09-25 13:17 | 園芸・植物

手間がかからない、 「多肉植物」!!!

生命力を感じさせなくても楽しめる…
e0213066_21242053.jpg

多肉植物の醍醐味は現状維持の状態で持続し、
出来るだけ、成長させずに「かわいさの表現」を…

見た目とは違い、かなり繊細に扱わないと、
葉が剥離してしまい、茎が露出してしまう。

落ちた肉厚の葉にその内、小さい芽が出て、
「強い生命力」がこの状態で見えてくる!!!

他の植物と違うのは生命力の表現方法かも…

インテリアとして雑貨の感覚で扱われる所以は
どうやら、このあたりにあるような気がする…

大きな多肉植物を上手くディスプレイ等に、
使いこなせられる様に、なってくれれば…

雑貨ショップの使い捨てから、卒業できるかも!!!





風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2012-08-18 22:20 | 園芸・植物

梅雨の季節といえば、やはりアジサイ!!!

「ラピスラズリ」、とても素敵なネーミング…
e0213066_233124.jpg

天空を象徴する聖なる石として
神聖視されてきた有名なパワーストーン

ラピスラズリといえば「天空の城ラピュタ」
あの有名な、ゴンドアの谷の歌を…

土に根を下し、風と共にいきよう
種と共に冬を超え、鳥と共に春を歌おう

どんなに恐ろしい武器を持っても
沢山の、かわいそうなロボットを操っても

土から離れては生きられないのよ!


自然と共に暮らすことが、いかに難しい時代へ…
いったん環境を壊せば元に戻すのは難しい!!!

次の世代に美しい大地を引き継ぎたい...






風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2012-07-05 00:07 | 園芸・植物

グリーンに映えるシンプルラインの美しさ!!!

アジサイの季節、カラーの存在も…
e0213066_1545897.jpg

梅雨といえばアジサイが良く似合うのは
雨にうたれ強いし、だらしなくうつ向かない!!!

茎がしっかり花を支え、木質化している。

カラーも見た目より、丈夫な植物
地植えすれば、かなりの繁殖力

葉の質感もおもしろい、増えないよう
メダカと一緒に同居させ水耕栽培に…

増えすぎると、場所をひとりじめ
嫌わる羽目になって見向きもされなくなる。

「ほどほど」、「いい加減」・・・・・

何事も一線を超えない事の
見極めが必要といえるのでしょうか!!!






風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2012-07-03 15:41 | 園芸・植物

素朴で可憐なフランス小菊!!!

e0213066_21301977.jpg

派手で目立たないのに、何故か引き付けられる。

どこにそれだけの魅力が感じられるのだろうかと
いつも考え込んでしまうが…

園芸種なのに山野草のもつ奥深い神秘性!!!

背が高くなるため、植栽工事には使うことが
ないのが目新しいのかなぁ~

それだけではなさそうだけど…

こういうタイプの植物は維持管理に手間がいる。
手間がかかる園芸の部分によった植物は使えないのが!!!

園芸の楽しさはお施主さまの領域だから・・・





風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2012-06-29 21:38 | 園芸・植物

梅雨本番!!!

e0213066_21265514.jpg

植物が生き生きと輝いている季節
特にアジサイは雨が似合う

花びらが雨に打たれ強く、
へこたれないからでしょう

「人生、山あり谷あり
一寸先は闇」

明日の事を思い悩まずに
今日の日を健康に
生かされている事に感謝!!!

いたましい東北の地震
明日は我が身におきるかも…

好きな植物とかかわり合いながらも
空間を表現、空間を維持するために
植物に戦いを挑んでいる

やわな気持ちでは心が折れてしまう
リフレッシュするために
これまた植物の助けを借りている

ほんとうに植物が好きなんだろう…




風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2011-06-16 22:11 | 園芸・植物

春なのに…

e0213066_1531732.jpg

何が起きようと季節は確実に!!!

自然の営みはいかなる影響も受けない
かのごとく、平然とした表情をみせてくれている

我々が心の持ちようで
同じ花をもの哀しく眺めてしまう

目だけでなくこころと同じ、連動して見ているのだ
人の心に影響されない自然
芸術って言われる所以はここにあるのでしょう

透明感のある一片の花ビラ
純粋、無垢の姿に心が洗われます

憧れつづける自然のような生き方
一生かけても未完成かも…

でもあきらめることなく精進し続けたい
職人として歩き続ける事も!!!





風路造景のHPへ
[PR]
by shirokuro725 | 2011-04-23 15:56 | 園芸・植物